PICK UP!

正しい呼吸ができているか

前回は、正しい呼吸ができることで、代謝が上がり痩せやすくなるというお話をしてきました。
では、自分が正しい呼吸ができているのか確認していきましょう。

正しい呼吸と大隔膜

正しく呼吸ができていると、大隔膜が上下に動くことにより、胸郭が動き、腹部の筋肉も動きます。
大隔膜が上がることで肺が縮み、息を吐きます。
逆に、大隔膜が下がることで肺が膨らみ、息を吸います。
なので、この「大隔膜」の動きというのは、とても重要です。
しかし、大隔膜が動きにくくなり、呼吸も浅くなっているという方は少なくありません。
横隔膜を正しく動かすには、大隔膜を正しい位置に置く、正しい姿勢でいるといことが大切です。

大隔膜の正しい位置

大隔膜は、通常直立の姿勢では地面に対してほぼ水平に位置しています。
しかし、日常生活の中で胸郭周りが硬くなったり、背骨の湾曲が強くなることで、肋骨の下の部分が前上方に持ち上がります。
そうすると横隔膜は斜めになり、その機能が低下します。
そうなると、正しい呼吸ができなくなってしまいます。
また呼吸が浅くなると、呼吸に関わる筋肉も動きが小さくなるので硬くなる、悪循環に入ってしまいます。
もう既に、硬くなっている方もいるかもしれませんね。

呼吸をチェックしよう

では、呼吸がしっかりできているかチェックしていきましょう。
大きく呼吸をします。
その時に、胸郭の上部と下部が動いているのかを自分の手でチェックします。
①上部が動いているかは、胸の上部肋骨の辺りに手を当てて、息を吸うときに自分の手が上に押し上げらる(胸郭が上に動く)かをチェックしましょう。
②下部が動いているのを確認するには、肋骨の下の部分に左は左手、右は右手を当てておきます。
息を吸うと肋骨の下の部分は左右に広がるはずなので、その広がりを手の平で感じていきます。
どちらの動きもしっかりとでるようにしていきましょう。

呼吸が浅くなれば、筋肉の動きも小さくなる。
呼吸の筋肉を使わなくなれば、姿勢を維持する筋肉も使わなくなる。
そして、代謝が落ちるという事実がありましたよね。
まずは、正しい呼吸から!
意識していきましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 運動の脂質代謝への影響

  2. 飢餓や絶食と代謝

  3. 運動と脂肪代謝

  4. 睡眠不足と肥満

  5. 消化の良い食べ物と悪い食べ物

  6. エゴマ油と脂質代謝

  7. 脂肪蓄積と体内時計

  8. あぶら

  9. 噛めば噛むほど

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP