PICK UP!

筋膜リリースの「筋膜」とは

最近よく耳にする筋膜リリース。
そもそも筋膜とはなんなのか。

「第2の骨格」とも呼ばれる筋膜

筋膜とは、全身の筋のほか、骨や心臓、脳などの臓器全てを包み込んでいる膜のことです。
筋肉を正しく動かす為には、この筋膜が柔軟に動くことが大切です。
筋膜は水溶液状の間質液、つまり基質の中のコラーゲン線維とエラスチン線維、さらにヒアルロン酸でできていて、大きく浅筋膜と深筋膜に分けられます。
浅筋膜は、皮膚や皮下組織と筋の間に位置し、皮下組織の一部にあたります。
深筋膜は、筋のすぐ上に位置する斜め・縦・横に走行する3層構造で、腱膜筋膜や伝達筋膜とも呼ばれます。
そして、その下には筋を包む筋外膜(協調膜)、1つずつの筋束を包む筋内膜が連続しています。
筋膜を作っているエラスチンは(弾性)線維は、文字通り、ゴムのように弾性にとんだ性質で、逆にコラーゲンは弾性には乏しいですが、張力に対しては強い抵抗性を示します。

筋膜の働き

ある筋肉が収縮する際に、筋膜や隣接する筋線維同士が引っかかってしまっては、スムーズに収縮することができません。
筋組織内の筋線維は、全てが同時に収縮するわけではなく、逐次連結しながら収縮します。
この筋線維の連続した動きは、滑走を妨げられていないときのみ可能です。
この滑走をスムーズにする緩衝剤として機能しているのが筋膜です。
深筋膜層の間、深筋膜と筋外膜の間、筋膜内などのいたるところに存在しているヒアルロンさんが、この滑走に役立っています。

筋膜の機能異常

筋膜の機能異常とは、簡単にいうと、筋膜を形成するコラーゲン線維とエラスチン線維が密集して高度化をを生じ、基質が脱水を起こしてゼラチン状に粘り気を増して分散することで、筋膜の滑りを助けていたヒアルロン酸が凝集化して水あめのようになることで滑りが悪くなることです。
原因としては、同じ姿勢や同じ動作を反復し過ぎることなどが考えられます。
筋膜がよじれたり、癒着したりすると、筋膜そのものだけでなく、上にある皮膚や下にある筋肉も動きづらくなります。
そのため、よい姿勢や動作がとりずらくなり、腰痛や肩こりの原因になるだけでなく、そこを通る血管やリンパ、神経にも影響を受け痛みやしびれが生じることもあります。
筋肉を正しく動かすためにも、それを包み込む筋膜を柔軟に保つことが大切です。
筋膜の柔軟性を保つのに効果的なのが、ストレッチポールやフォームローラーを使った筋膜リリースです。
道具さえあれば自宅でも簡単にできるので、是非生活の中に取り入れてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 身体の癖はありますか?

  2. イミダゾールジペプチドとは

  3. ももの外ハリ解消と股関節外転筋

  4. 消費エネルギーを知る

  5. セロトニンを増やそう!

  6. 運動が代謝に与える影響

  7. 運動後にはチョコレートドリンクを

  8. 足元から考える美しい姿勢

  9. 楽して体を変えられるか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP