PICK UP!

噛めば噛むほど

早食いは肥満の原因になると昔からよく言われていますが、その原因には2つあります。

食べる際によく噛むと、中脳の咀嚼中枢が刺激されてヒスタミンと呼ばれるホルモンが分泌される。

1つは、脳の視床下部にある満腹中枢が満腹を感じる前にたくさん食べてしまい、結果として食べ過ぎになってしまうことです。
もう1つは、よく噛んでいないということです。
というのも食べる際によく噛むと、中脳の咀嚼中枢が刺激されてヒスタミンと呼ばれるホルモンが分泌されます。
このヒスタミンは満腹中枢を刺激する働きがあり、少ない食事でも満腹感を感じるようになって食事量を抑えることができます。

咀嚼中枢が刺激されると脂肪細胞も刺激されてレプチンと呼ばれる物質が分泌される。

このヒスタミンは、噛めば噛むほど分泌量が増え、より食欲を抑制してくれます。
また、ヒスタミンには交感神経を活発に働かせる作用もあり、内臓脂肪の分泌を促進する働きもあります。
他にも、咀嚼中枢が刺激されると脂肪細胞も刺激されてレプチンと呼ばれる物質が分泌されます。
この脂肪細胞から分泌されるレプチンにも食欲を抑えてエネルギー消費を促す働きがあり、このレプチンの働きにもヒスタミンが関係していることがわかっています。
食事の際よく噛むことを意識して、ダイエット効果を高めましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 冬の方が痩せやすいのは本当か

  2. 運動の脂質代謝への影響

  3. ダイエッターのための高度不飽和脂肪酸の働き

  4. 間食

  5. 運動が代謝に与える影響

  6. ケーキを食べたときの体内は・・・

  7. 酵素とダイエット

  8. どうして女性は便秘になりやすいのか

  9. 正月太りと解消法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP