PICK UP!

脂肪を考える

ダイエットをしようと考える人の多くは最初に、体から脂肪を排除しようと考えます。
確かに脂肪は、炭水化物やタンパク質よりもカロリー数が高いです。
炭水化物、タンパク質は1gあたり4キロカロリー、脂肪は1gあたり9キロカロリーと炭水化物やタンパク質に比べ2倍以上違いがあります。
つまり、同じ1gを摂取した場合、脂肪は炭水化物やタンパク質よりも多くのカロリーをもたらしてしまう為、ダイエットをする人は、脂肪食の制限をするのです。

特に重要なのは、脂肪がテストステロンなどの性ホルモンの作用を維持すること。

脂肪食を食べると、カロリーが過剰に体に溜め込まれ、脂肪細胞に貯蔵され太ってしまうと思われています。
しかし一言で脂肪といっても、さまざまな種類がありその脂肪の種類によってカラダにもたらす作用が異なるのです。
例えば、脳の認知力を高めたり、心肺機能に影響したり、筋や骨あるいは免疫力にさようしたりします。また、細胞膜の強化や細胞の保護、シグナルを伝達するシグナル分子としての役割、脂溶性ビタミン類の運搬、その他体に有用な物質を組み上げたりする役割などもあります。
特に重要なのは、脂肪がテストステロンなどの性ホルモンの作用を維持することです。
気分を安定させたり、炎症を抑制したりする働きもあったりと体にとってなくてはならない栄養素です。
体にとって有用な脂肪はダイエット中であっても適量は摂取することも重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. インクレチンと肥満の関係

  2. 食べすぎない食事の仕方

  3. 難消化性デンプンとは

  4. 活性酸素の役割とは

  5. 糖質の正体と付き合い方

  6. 運動と糖の取り込み

  7. 炭水化物を食べる

  8. お酢とダイエットに関わるプロテインキナーゼ

  9. あぶら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP