PICK UP!

「オメガ3脂肪酸」と「オメガ6脂肪酸」

ヒトのの体に必要ないくつかの脂肪は摂取した食べ物から作られています。
しかしながら、「リノレン酸」と「リノール酸」という2つの必須脂肪酸は体内で合成することができないので、この2つに限っては植物性食品からとる必要があります。

「オメガ3脂肪酸」と「オメガ6脂肪酸」

ここで考えてみたいのは、これらの必須脂肪は「オメガ3脂肪酸」と「オメガ6脂肪酸」と呼ばれる脂肪を作り出すということ。
オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸は、どちらも体の組織の正常機能にとって非常に重要な要素となります。
これらが不足すると、肝臓や腎臓の異常、血流が悪くなったり、成長率の減少、免疫機能の低下、うつ、皮膚の乾燥などの皮膚障害を引き起こします。
ですので必須脂肪酸の適切な摂取は、健康を保つために非常に重要な要素となります。
また他の報告によると必須脂肪酸を適量摂取することにより、アテローム性動脈硬化症の予防、心臓病や脳卒中の減少、潰瘍性大腸炎、生理痛、関節痛の減少などが報告されています。

「α-リノレン酸」と「α-リノレン酸」

いつもの食事の中で脂質を多めに取るというのはなかなかイメージがないと思いますが、別に油ものを摂るという意味ではありません。
オメガ3やオメガ6脂肪酸の元となる食品を適切なバランスで摂取することが重要です。
例えば、オメガ6脂肪酸は、葉野菜、ナッツ、穀物、植物性の油(コーン、大豆、綿実油、ごま、サンフラワー)に含まれています。
他にも、オメガ6脂肪酸は、ガンマリノレン酸(GLA)にも含まれており、月見草・麻油などの油にも含まれています。
このように大部分の食事には実は十分なオメガ6脂肪酸が含まれており、オメガ6脂肪酸は意外と摂取しやすいのかもしれません。
一方でオメガ3脂肪酸はオメガ6脂肪酸より摂取する機会が少ないのかもしれません。
またオメガ6脂肪酸を過剰に摂取しているとオメガ3脂肪酸の摂取量が減るという報告もあります。
オメガ3脂肪酸の代表である「α-リノレン酸」は、多くの野菜、豆類、ナッツ、種、フルーツに含まれていますし、「α-リノレン酸」のもっともよい摂取源は亜麻仁や亜麻仁油です。
他にもオメガ3脂肪酸の摂取量を増やすには、より濃縮されたオメガ3脂肪酸が含まれているキャノーラ油(ナタネ油)、大豆、くるみ、小麦胚芽から摂取することができます。
普段の食生活の中で少し意識的にオメガ脂肪酸を摂取する、そしてオメガ脂肪酸の中でもオメガ3系の脂肪酸を意識して摂取してみるといいのかもしれませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 消費エネルギーを知る

  2. アミノ酸スコアについて

  3. アミノ酸の副作用

  4. 水溶性ビタミンと脂溶性ビタミン

  5. タンパク質摂取の重要性

  6. 正しい脂肪酸の摂取を。

  7. カタボリックな状態とダイエット

  8. 最近話題の「HMB」とは

  9. 人工甘味料について考える

最近の記事

PAGE TOP