PICK UP!

「吸収」「分布」「代謝」

食品は、口の中に放り込んだだけでは何の機能も発揮しません。
食品の機能性成分が体の中に入って出て行くまでの経過を、「吸収」「分布」「代謝」「排泄」の段階に分けると考えやすくなります。

栄養の吸収に関わっているのは主に小腸。

「吸収」は、食品中の様々な成分が体内に入る過程といえます。
栄養の吸収に関わっているのは主に小腸ですが、補助的に胃や大腸から吸収されるものもあります。
小腸は、6~7mもの長さがある複雑に折れ曲がった筒状の臓器で、内側の表面には無数のシワがあります。
このシワによって内部の表面積を広くすることで、必要な栄養を効率よく吸収できるようになっています。
小腸の上部は十二指腸と呼ばれ、ここには肝臓と膵臓から消化液(胆汁)が流れ込んで、脂っこいものなどを吸収しやすくしています。
食品の中に含まれている成分がどの程度の割合吸収されるのかは、成分の性質によって異なります。
基本的に食べたものが全て吸収されるということはあり得ません。
栄養素として必要なのは極微量なのに、それを摂取するために山盛りのサラダを食べなければならないのはそのためです。

食品に含まれている栄養も同じで、小腸から吸収されるときは一緒ですが、いったん体内に入るとそこから先は成分ごとに異なる。

次に「分布」とは、消化管から吸収された栄養分が血液の流れに乗って全身に行き渡る過程です。
小腸は体内へのゲートのようなものなので、吸収されただけの状態というのは、例えばディズニーランドへ行って入場ゲートをくぐっただけの状態と同じことです。
チケット売り場では一列に並んでいた人たちも、いったん入場ゲートをくぐるとそこから先はそれぞれの好みや都合に合わせて園内のアトラクションやパレードへと散り散りになっていきます。
食品に含まれている栄養も同じで、小腸から吸収されるときは一緒ですが、いったん体内に入るとそこから先は成分ごとに異なります。
臓器に蓄積して機能性成分として役割を果たすもの、腎臓に直行してただちに尿として体外に捨てられてしまうもの、肝臓に集められて代謝によって分解されるものなど、それぞれ異なった運命を辿るのです。

代謝は主に小腸と肝臓で行われている。

一方考えなくてはならないのが「代謝」です。
「代謝」とは、吸収された成分が分解される過程のことになります。
代謝は主に小腸と肝臓で行われています。
肝臓は1.0~1.5kgもある巨大な臓器で、タンパク質や脂質などを分解して身体の構成材料を作ったり、誤って取り込まれた有害物質を分解処理してくれたりします。
人間がある程度の食品汚染物質や農薬などが含まれた食品を食べたとしても平気でいられる理由の1つは、それらが肝臓で分解処理されて無害化されているからです。
食品成分には、肝臓で代謝を受けて役に立たなくなるものや、代謝されることによって初めて有効成分として人間の身体が使えるようになるものなど、様々なものがあります。
次に「排泄」とは、利用することができなかったり、利用した後に不要になったりした食品成分が、糞便や尿に混ぜ込まれて体外に廃棄処理される過程のことです。
吸収されなかった食品成分は、そのまま身体の中を素通りして大腸を経由した後、糞便として排泄されます。
吸収された成分も、ほとんどは数時間から数日で糞便または尿として、体外に排泄されます。
さらに、吸収されて一度は身体の構成成分となったアミノ酸やタンパク質なども、やがていつかは新陳代謝によって尿や糞便として体外に出ていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ケトジェニックダイエット

  2. かつおぶしに注目

  3. 睡眠不足と肥満

  4. ダイエットと生理学

  5. 運動後のリカバリーとカラダつくり

  6. ペットボトル症候群とは

  7. 糖質制限と肥満解消

  8. ダイエット目的でトレーニング!

  9. 運動と脂肪代謝

最近の記事

PAGE TOP