PICK UP!

貯蔵エネルギー源としての脂肪

酸素は空気中にあるので、貯蔵エネルギー源としては持っておく必要がなく、取り込めば良いのです。
ところが糖については、分子構造の中に炭素と同数の酸素を含むだけではなく、1gの糖を保存するのに3.8gの水をつけます。
逆に言うと、周りに水がないと、糖は保存できません。

渡り鳥は脂肪を使って、体内の水をつくっていると発表されている。

1g糖を摂ると、3.8g増えるわけですから、グリコーゲンローディングをするとからだは重くなるのです。
糖を分解してATPをつくるスピードと、脂肪を分解してATPをつくるスピードとでは、糖のほうが速いので、グリコーゲンローディングでどれだけの糖を蓄えておくかがポイントになります。
一方でその場合体重は増えてしまいます。
渡り鳥の研究では、渡り鳥は脂肪を使って、体内の水をつくっていると発表されています。
空気の中の酸素を使って水をつくっているのです。
ラクダのコブも同様です。
水が飲めなくても、体内で脂肪から水をつくっています。
これはヒトでも行われていて、そのため1日水を飲まなくてもすぐに死ぬことはないのです。

脂肪はカサの割には軽く、エネルギーが詰まっているもの。

脂肪はカサの割には軽く、エネルギーが詰まっています。
ミトコンドリアの中では脱水素でエネルギーを産生しています。
脂肪は高密度のエネルギー体でもあるのです。
だから、貯蔵形態として都合がよく、渡り鳥も軽くてエネルギーが多い脂肪を上手く使っているということになります。
これは脂肪でないとできないとも言えます。
脂肪はこのように必要な要素のひとつなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ダイエットと生理学

  2. 低インスリンダイエットとGI(グリセミック・インデックス)

  3. 最近話題の「HMB」とは

  4. 温熱負荷と脂質代謝

  5. あぶら

  6. 運動と糖の取り込み

  7. ストレスホルモンと幸せホルモン

  8. マラソンで痩せるのか

  9. 体を動かすエネルギー源はどこから来るのか

最近の記事

PAGE TOP