PICK UP!

脂肪の正体

ダイエットを成功させたいみなさんから悪者扱いをされている脂肪さん。
気づいたらお腹の周りを浮き輪のように取り囲んでいたり、ブラの上にのっかていることもあって「なくなってくれないかなー」といつも悪者にされていますよね。
そんな脂肪は、三大栄養素としては最もエネルギー量が多く(1g当たり9kcal)、貯蔵をしておくには、最も効率が良い物質なので、必要だからこそ私たちの身体に皮下脂肪などの形で貯蔵されているのですが、それが少し多すぎたりすると気になってしまいますよね。

そんな脂肪ですが、多くの種類だありますが、エネルギー貯蔵などに利用される脂肪は「中性脂肪」です。

エネルギー貯蔵として働く中性脂肪

中性脂肪とは、「グリセロール」(グリセリン)に「脂肪酸」結合(化学用語でエステル化)したものです。
グリセロールは化学で的にはアルコールの仲間で、3価のアルコールといわれます。
3価とは、他の分子と結合できる手が3本あるという意味ですが、1本の手に脂肪酸が結合してるものを「モノグリセロイド」2本の手に2つの脂肪酸が結合しているものを「ジグリセロイド」、「3本の手に3つの脂肪酸が結合しているものを「トリグリセロイド」という3つに分けることができますが、ほとんどの中性脂肪はトリグリセロイドです。

脂肪酸は、化学的にいうと鎖状の炭化水素の「1価のカルボン酸」(R-COOH)というものです。
脂肪酸は、生成される際に長鎖の炭素数が2個づつ増えていくため、ほとんどの脂肪酸は炭素数が偶数個となり、炭素数の数により4以下のものを「短鎖脂肪酸」、5~10のもの「中鎖脂肪酸」、12以上のものを「長鎖脂肪酸」と呼びます。

また、脂肪酸は、炭素の鎖の結合の仕方で、大きく2つの分類されます。
1本の手で結合しているものを「飽和脂肪酸」といいラードや牛脂などに多く含まれます。
もう1つは、「不飽和脂肪酸」といわれるもので炭素の鎖が二重結合になっています。

不飽和脂肪酸は、常温では液体で存在し、オレイン酸、リノール酸、DHA、EPAなどがそれにあたり、悪玉コレステロールの抑制や過酸化脂質の発生予防の効果もあるといわれています。
また体内で合成できない脂肪酸は、必須脂肪酸といわれており、食べ物から摂取する必要があります。
最近では意識して摂取する方も増えたオメガ3といわれる亜麻仁油、しそ油、えごま油、イワシやサンマなどの魚の油、オメガ6といわれるコーン油、ひまわり油、ごま油、アーモンド油などが、必須脂肪酸と呼ばれるものです。

トランス脂肪酸とは

さらに不飽和脂肪酸は、炭素の二重結合の周りの構造の違いにより、シス型とトランス型があります。
天然の不飽和脂肪酸のほとんどがシス型なのに対して、油脂を加工・生成する中でつくられる人工的なトランス型の不飽和脂肪酸をトランス脂肪酸といいます。

トランス脂肪酸はマーガリンやファストスプレット、ショートニングや、それらを材料に作られるケーキやパンなどの洋菓子、揚げ物などがあげられます。
血管系の病気や糖尿病、また肥満やアレルギー症状を引き起こすともいわれ、海外では表示が義務義務付けられていて、日本でもなるべくトランス脂肪酸をとらないようにしている方も増えてきています。

世界保健機関(WHO)は、トランス脂肪酸の摂取量を摂取エネルギーの1%(約2g)未満にするよう2003年に勧告を出しています。
日本人の食生活も欧米化しているので、私たちの食事の中にトランス脂肪酸が入ってくる機会が増えました。

油といってもたくさんの種類があります。
体にとっては、エネルギーになったりホルモンの材料となってくれたりと大切な役目を果たしている脂肪。
健康を考えたとき何を摂取するか、自分で判断することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ダイエットにコーヒーを役立てる

  2. 筋肉とエネルギー代謝

  3. イミダゾールジペプチドとは

  4. 人工甘味料について考える

  5. 運動による消費エネルギーとリカバリーのための摂取エネルギー

  6. ブルーベリーは眼に良いか

  7. リコピンの摂取を考える。

  8. 最近の卵論

  9. アミノ酸スコアについて

最近の記事

PAGE TOP