PICK UP!

カタボリックな状態とダイエット

カタボリック…?
筋力トレーニングをされている方はご存知の方も多いかもしれませんが、一般の方にはまだまだなじみがない言葉かもしれませんね。
よく「カタボリックな状態になっているから、痩せにくくなりますよ」なんてこともいわれます。
では、カタボリックな状態とはどういう状態なのでしょうか。

カタボリックとは

カタボリックとは、私たち人間の体の中の細胞が毎日生まれ変わる中で起こっている、当たり前の作用のことです。
食べ物を食べると分解します。
そして、その分解されたものを原料に、筋肉や細胞を合成(再合成)していきます。
この時の分解を部分を「カタボリック」といい、日本語では「異化」といいます。
「異化」は知ってるという方もいるかもしれませんね。
因みに、「再合成」のことは「アナボリック」といいます。
またエネルギーを取り出すために、細胞や分子を更に小さい単位にしていくことも、カタボリックの作用で、大きい分子の小さいいくつかの構成要素に分解すること、とにかく分解されることはカタボリックな作用といえます。

このようにカタボリックもアナボリックも、健康な体の中ではバランスよく繰り返されています。

なぜカタボリックな状態が痩せにくいのか?

外からの栄養をしっかり取れずにいると、筋肉を分解してエネルギーを生み出そうとします。
これを糖新生といいますが、筋肉の分解が進み、筋肉量も減り、脂肪も減り、体重も減るかもしれませんが、代謝も落ちてしまうので、一時的に痩せたとしてもリバウンドを起こす可能性が高く、結果的に痩せにくい体になってしまいます。
糖新生自体が悪いわけはありませんが、一時的な減量ではなく継続的に健康的で美しい体を求めるのであれば、なるべく筋肉量を減らしたくはありません。

カタボリックにならない為に

血液中の栄養が不足し始めると、必要なエネルギーを取り出すためにより多くの筋肉を分解し始めます。
なので運動を始める前には、栄養をしっかり補給して血中に必要な栄養を満たしておくことが大切です。
高強度のトレーニングをするのであればあるほど、それは重要になります。
トレーニング前はホエイプロテインなどで、血中アミノ酸を満たしておき、トレーニング中もBCAAを摂取して最後までエネルギー切れをおこさないように。
そして、トレーニング後のプロテインはもう常識かもしれませんが、しっかりたんぱく質を炭水化物を補給して、筋肉の異化を抑えて同化を促すように心がけましょう。

ただ痩せるのではなく、かっこよく、きれいな体を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. リコピンの摂取を考える。

  2. 糖質の代謝について

  3. 食べすぎない食事の仕方

  4. なりたいカラダをデザインする

  5. 活性酸素の役割とは

  6. 低インスリンダイエットとGI(グリセミック・インデックス)

  7. お酢とダイエットに関わるプロテインキナーゼ

  8. 運動と脂肪代謝

  9. 非アルコール性脂肪肝(NAFLD)を考える

最近の記事

PAGE TOP