PICK UP!

血糖値コントロールを意識する

ダイエットにもそうですが、疲れを残さないためにも血糖値のコントロールを考えていくことの必要性はあります。
いわゆる糖質の過剰摂取は疲労の原因にもなりうるからです。

血糖値の急激な変化を避けよう。

糖質の中でも二糖類と呼ばれる砂糖や乳糖、単糖類と呼ばれるブドウ糖や果実は、食後にドカンと血糖値を上げてしまうのはよく知られています。
この上がってしまった血糖値を下げるために、膵臓が頑張って働いて大量のインスリンが分泌され、今度はその反動で血糖値が正常値以下の値を示すまで急降下。一気に低血糖状態にまでなります。

この低血糖状態は、いわゆる疲労感ややる気の喪失、集中力の低下などに繋がるネガティブな反応になってしまいます。

糖質過多は体重の増加を引き起こす。

実はそれ以外にも糖質の過剰摂取は、体重の増加を伴う疲労の呈し方をしてしまうこともあります。
それは糖と水分の結合に伴う体重増加です。
糖質は1gにつき、約3倍の水を抱えられるため、糖質を多く摂ると同時に水を蓄えることになります。
水分でカラダが重たくなると、むくみや倦怠感につながっていくのはなんとなく想像しやすいですよね。

糖質を忌み嫌う必要性はないと思いますが、急な血糖値の上昇はやはりインスリン分泌を促してしまうので、例えば低GI食品を摂取することで血糖値の急激な変化を防ぐこと、当然ながら糖の過剰摂取をしないということが重要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 冬の方が痩せやすいのは本当か

  2. 糖質の代謝について

  3. ストレスホルモンと幸せホルモン

  4. 間食

  5. 運動が代謝に与える影響

  6. 血糖値の恒常性

  7. 酵素とダイエット

  8. 睡眠不足と自律神経の関係

  9. エゴマ油と脂質代謝

最近の記事

PAGE TOP